スタンディングワークのおシゴト別の使い方 Case1 部下とのコミュニケーションも円滑に!

Tさん・営業部長
午前中は部下からの相談も多いため、自席では立つように意識している。午後は仕事に合わせ、適度に姿勢を変えている。
Profile
部署
営業
性別
男性
年齢
44歳
身長
176cm
疾患の種類
肩こり
Date about Desk
立ち作業の高さ
1200H
座り作業の高さ
850H
中間作業の高さ
1050H
社内にいる時間/日
平均137分
立っている時間/日
平均58分

1日の流れ

  1. 8:20
    出社

    一日の準備、スケジュール確認

    デスクの高さ:850H
  2. 8:30
    デスクワーク

    メールチェック

    POINT
    立っていると、席の離れた社員が出社してくる表情が良く見える。

    メール処理中、部員の報告や相談を受ける
    立っていると話しかけ易いらしく、報告・相談が増えた気がする。

    デスクの高さ:1200H
  3. 9:00
    始業
    マネージャーミーティング

    4名で打ち合わせ。上下昇降のミーティングテーブルで立ったまま実施。
    立ったままだと、話が脱線しない。短時間でミーティング終了。

    デスクの高さ:1200H
  4. 9:30
    チームミーティング

    1週間のスケジュールと、案件進捗の確認

    デスクの高さ : -
  5. 10:30
    デスクワーク

    自席でメール処理

    デスクの高さ:1200H
  6. 11:00
    案件会議

    他部署との情報共有会議

    デスクの高さ : -
  7. 12:00
    ランチ

     

    デスクの高さ : -
  8. 13:00
    デスクワーク
    その後外出

    会議資料作成

    POINT
    以前は、ランチ後のデスクワークは眠気との戦いだった。
    スタンディングワークでは眠気も解消。
    デスクの高さ:1200H
  9. 16:00
    帰社
    デスクワーク

    会議資料作成の続き

    POINT
    PCでの集中作業はデスクの高さを850Hに設定。
    背筋や首筋が伸び、正面を向いた状態で作業ができるため、肩に負担がかからない。
    デスクの高さ:850H
  10. 16:30
    デスクワーク

    同上。姿勢を変えるため、スタンディングに

    デスクの高さ:1200H
  11. 17:00

    帰社してくる部員が増えてくる
    部員が私の席にノートPCを持参し、提案書の内容について相談に来た

    POINT
    以前は、モニター付きの会議コーナーに移動して提案書の内容を確認していたが、相手が1~2名の場合は自席で済んでおり、かなりの時間短縮に。
    デスクの高さ:1200H
  12. 17:30
    デスクワーク

    姿勢をかえるため、着席

    デスクの高さ:850H
  13. 18:00
    デスクワーク

    トレーにたまった書類に押印
    メール処理
    明日の準備

    デスクの高さ:1050H
  14. 19:00
    帰宅

     

    デスクの高さ : -

スタンディングワークで、ここが変わりました!

Q.体調に変化が見られましたか?

A.肩こりをほとんど感じなくなった。
毎月2回ほどマッサージに通っていたが、最近は行くほどこらなくなった。

Q.仕事の生産性は変わりましたか?

A.1名~2名との打合せであれば、自席で立ったまま済んでしまうため、会議室への移動時間が節約できている。
座って打合わせをすると、話が横道にそれたりして時間を浪費していたが、立姿勢での打合わせでは、内容を要点に絞って打合せが出来ている。

Q.同僚とのコミュニケーションが変わりましたか?

A.立っていると話しかけ易いのか、コミュニケーションが増えた気がする。
自分も立っている相手には話しかけ易いと感じる。
集中して作業したい時でも、立っていると集中オーラがあまり出ていないようで、話しかけられることが多い。

Q.スイフトを使って強く感じたことを教えて下さい。

A.着座姿勢ではデスク高を850Hに設定している。
背筋と首筋をピンと伸ばし、腕を天板に乗せた状態でPC入力しながら画面に正対できるため、
肩の凝りをほとんど感じなくなった。(スタンディングワーク導入後1週間程度で効果を自覚)
JIS規格である700Hという高さは筆記するためには良いが、PC入力作業には向いていないと感じている。
着座姿勢も30分程度で疲れを感じてくるため、立ったり、座ったりの姿勢を繰り返すことは、体に良いのだと感じている。
引き出しの資料を出し入れしながらの作業には、立作業は向いていない。
上下昇降のミーティングテーブルは自席近くへの配置がお勧め。移動時間、会議時間短縮に効果あり。ランチ後の眠気を感じなくなった。