医療法人社団葵会 柏たなか病院 新築プロジェクト

病院機能を拡充し
地域医療に貢献

病院機能を拡充し
地域医療に貢献

柏たなか病院様は、1972年より柏の葉キャンパス地区にて運営を続け、今回柏たなか地区に移転し、今まで以上に地域に根ざした医療を目指しています。
新しい病院は、病床数を166から246に増やし、MRIの3.0ステラなど最新鋭の医療機器を導入するなどスケールの大きい医療を提供しています。
救急医療と回復期リハビリテーションを強化し、時代のニーズを的確に捉えた病院運営を推進し、周辺の医療機関や介護施設とも連携し高齢者医療を拡充しています。

プロジェクト概要

対象面積
約20,346m2
対象人員
246床
インテリア竣工日
2015年10月
URL
http://www.aoikai.jp/shisetu/kashiwatanaka/

コンセプト

  • 病院らしさをなくしたデザイン
  • 来院者が気持ちよく過ごせるような空間デザイン

つくばエクスプレス「柏たなか」駅前に建設された地域医療の中核を担う病院。医療機能を納めた「メディカルキューブ」と、リハビリ・透析機能を納めた「ケアキューブ」を、明るく開放性の高い「ガーデンアトリウム」でつないでいます。「ガーデンアトリウム」は、内部に樹木や水景、香り空調など人間の感覚に訴えるさまざまな工夫を取り入れた癒しの空間です。

待合は柔らかな光を生み出す照明を心がけ、患者にやさしい空間づくりを実践しています。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから